投稿: 私の好きな漢方薬「温経湯」

こんにちは。
世田谷区桜上水、漢方薬局あさの村上千絵です。

桜上水は昼頃に突然どしゃぶりの雨となりましたが、しばらくしたらやんで、今は濡れた道路も乾いています。
また、夜から雨が降るのでしょうか・・・。

今日は私の好きな漢方薬のことを書こうかなと思います。

私の好きな漢方薬に「温経湯(うんけいとう)」があります。
「金匱要略(きんきようりゃく)」という書物に出てきます。

「婦人、下痢して止まず、暮(夕方)には即ち発熱し、少腹(下腹部)裏痛(痛む)し、腹満し、手掌煩熱(てのひらがほてる)し、唇口乾燥(唇の乾燥)し、お血少腹(下腹部)に在りて去らず。」
「婦人、少腹(下腹部)寒え(冷え)、久しく受胎せず、或いは崩中(不正出血)、或いは月水(月経)過多、或いは期に至るも来たらず(生理がこない)」

てのひらがほてる、唇が乾燥する、という症状があって、下腹部が冷えていたり、生理のトラブルがある方に使います。

温経湯を服用する方の中には、おへそから数CM下の場所を押すと痛みのある場合が多いです。
温経湯を服用していくと、だんだん痛まなくなったり、下腹部が柔らかくなります。

私はこの漢方薬で、生理不順や生理痛が改善したり、アトピーが良くなったり、不妊で赤ちゃんができた!という経験があります。
だから、大好きな漢方薬の一つです。

ただ、お客様のお身体のご様子をみていると、煎じ薬とエキス剤ではお身体へのアプローチが違うように感じることもございます。

もし、

「服用しているけど良いのかな?」

「飲んでいても効いているのか効いていないのかわからない。」

と感じたら、お気軽にご相談ください。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

関連記事

詳しくは、病名解説をご参照ください。
女性の病気
生理痛生理不順不妊症更年期障害子宮内膜症、子宮筋腫、妊娠・授乳中

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。