生理痛

生理痛

女性なら一度は悩んだことがあるはず・・・生理痛

ここでいう生理痛は下腹部痛や腰痛だけでなく、
生理前、生理中、そして時には生理後にも起こりうる、
メンタルの不安定さ、イライラ、不安感、頭痛、胸の張り、不眠、便秘、下痢など
生理に伴って生じるすべての症状を含みます。

そう・・・一言で生理痛と言っても、人によって思い浮かべることが異なりますね。

生理痛はあるのが当たり前だと思っていませんか。
「いつものことだから」「仕方がない」とあきらめていませんか。

生理痛は身体からのサインです。

生理の時、1~2日、下腹部や腰が重だるい程度であれば大丈夫だと思いますが、
毎月鎮痛剤が必要
必ず寝込む(仕事を休む)
といった症状があれば、注意が必要かもしれません。

生理痛の原因

生理周期のうち、どの時期に症状が出るのかによっても原因が異なります。
自分がどのタイプなのか、まずは考えてみてくださいね。

〇生理前の痛み…月経前症候群とも言います。
排卵後、プロゲステロンというホルモンの分泌量が一気に増えます。
しかし、妊娠せず生理が起きると一気に減ります。
この変化で身体の機能を調える自律神経のバランスが崩れます。
そうして生じる症状が、頭痛、イライラ、胃の不具合です。
その他にもプロゲステロンの影響で、胸が張ったり、だるさ、下半身のむくみが生じやすくなります。

〇生理前半
プロスタグランジンという物質が増えます。
この物質の働きで、生理の経血を身体の外に排出します。
この物質の量が多いと、子宮の収縮が強くなりキリキリした痛みが生じます。
血管も収縮させるので、腰痛、だるさ、冷え、めまいも生じます。
その他胃腸の働きにも影響を与え、吐き気や下痢の原因となることもあります。

〇生理後半
生理の経血を身体の外に排出していますが、身体の中では排出するために子宮の筋肉に血液が集まり、うっ血した状態になっています。
そのため、下腹部の重だるさ、鈍痛などが生じます。

日常に支障をきたすほどの痛み、痛み以外のおつらい症状がある場合、西洋医学では「生理痛」ではなく、「月経困難症」という言葉を使います。
月経困難症には、原因となる病気のない「機能性月経困難症」と原因となる病気のある「器質性月経困難症」があります。
月経困難症の場合は、ぜひ一度婦人科に行かれることをおススメ致します。
器質性月経困難症は子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、卵巣膿腫などの原因の場合があります。(漢方による改善方法は別の項目で書かせていただきます。)
生理痛と機能性月経困難症は以下の内容を参考にしてください。

西洋医学の治療

鎮痛剤、子宮収縮抑制剤、ホルモン剤などを使用することが多いようです。

漢方薬での改善方法

漢方薬は生理痛(月経痛)を生じにくい体質にしていく、根本治療を行うことができます。
痛みが改善されれば、漢方薬の服用はいらなくなります。
また、生理痛以外のお身体の不調が同時に改善されることがあります。
(例えば、日ごろから便秘や頭痛、不眠があるといった場合は、一緒に改善されることがよくあります。)

漢方薬局にお越しになる前までは、
ドラッグストアなどで自分にあった痛み止めを購入されて、使用されている方が多いようです。
「毎月、鎮痛剤を飲み続けて良いのかな。」
「鎮痛剤を飲むと、胃の調子が悪くなるんだよな。」
と思い、漢方薬をお求めになられます。
またホルモン剤を服用されている方は、いつまで飲み続けるのだろう…という漠然とした不安を感じていらっしゃるようです。

鎮痛剤は痛みを止めるもの。
ホルモン剤はホルモンを自動的に調整するもの。
だから対症療法になります。

漢方薬は冒頭にも申し上げましたが、根本治療になります。
生理痛が生じるのには必ず原因があります。
その原因を漢方的なものさしでとらえ改善することで、生理痛にとどまらず、お身体全体の機能が調います。

漢方薬局あさでできること

「漢方薬で本当にこの痛みが良くなるの?」と聞かれます。
「効果が出るまでに時間がかかるのでしょう。」と言われます。

婦人科でも漢方薬が出されて、当帰芍薬散や加味逍遥散を服用されたご経験のある方がいらっしゃいます。
病院では「西洋薬を助けるもの」という意味合いで説明を受けられるようです。

漢方薬局あさでは
「なんとなく下腹部の重さは感じるけど、鎮痛剤を飲まなくて大丈夫」というレベルまでもっていくことができます。
下腹部痛以外の症状の場合は、
薬の服用が必要だった場合は、必要なくなります。
生活に支障のあった場合は、生活に支障のないレベルまでの改善ができます。

しかし、生理痛には波があるということをお伝えしております。
今月は軽かった・・・でも翌月はまたつらかった・・・ということがあります。
ですから、最低でも6カ月はお飲み頂くことをお願いしております。

痛みが改善され、その状態が安定したら、漢方薬の服用量を減らし、廃薬となります。

漢方薬をお飲み頂くうえで、大事なことがあります。
「漢方薬はただ飲めば良い。」というものではありません。
その方に合った生薬の配合量を必要量服用することが大切です。
また、食養生、生活養生も大切です。
おつらい症状だけでなく、食事や生活スタイルも合わせて現在の状況を伺い、改善できるところから調えていきましょう。

生理痛は「あって当たり前」、「仕方がない」ではありません。
ぜひ一度ご相談くださいね。

代表的な漢方薬

当帰芍薬散
桂枝茯苓丸
逍遥散
加味逍遥散
温経湯
当帰四逆加呉茱萸生姜湯
当帰建中湯
六君子湯
桃核承気湯
柴胡桂枝湯
折衝飲
窮帰調血飲第一加減

取扱い商品