更年期障害

急にカァーっと上半身がほてって汗が噴き出る。
めまいがおきる。
動悸を感じる。
最近ぐっすり眠れない・・・。
感情の起伏がはげしくなった。(イライラ、不安感など)

病院でホルモン補充療法を勧められました。
→ やってみたら副作用がきつかった。
→ ホルモン補充療法に抵抗がある。

医療機関で漢方薬が出されました。
→ 効いているのかどうか実感がない。
→ 漢方薬でこの症状は改善したけど、○○○には全く効果がなかった。

漢方薬局はどうなんだろう・・・と思って来ました。

このようなご相談をいただきます。
漢方薬局あさでできることをお伝えしたいと思います。

更年期障害とは

日本人女性の平均的な閉経年齢は50歳くらいです。
一般的に更年期とは、閉経を挟んだ前後10年間、45~55歳を言います。
卵巣の働きが衰え始める更年期を迎えると、女性ホルモンの分泌量が急激に減少します。
それに伴い日常生活に支障が出るほど身体がつらい状態を「更年期障害」と言います。
症状としては、のぼせ、ほてりと言った血管運動神経症状。
不眠、動悸、めまい、いらいら、不安感など精神神経症状(=不定愁訴)があります。

西洋医学の治療

西洋医学の治療ではホルモン補充療法が一般的です。

減少した女性ホルモンを補充することで、ホルモンの急激な変化によっておこる症状をやわらげます。
ホルモン補充療法は女性ホルモンを直接体内に入れるので比較的早く効果が実感できます。
しかし、乳がんや肝機能障害のある方は受けることができません。
また、場合によっては副作用が出ることがあります。

漢方薬局あさでできること

更年期(45~55歳)は女性ホルモンの急激な減少により、様々な症状が出やすい時期です。
そして生活に支障がでるほどおつらい場合、それを「更年期障害」と言い、治療の対象になります。

でも、治療としてホルモン補充療法をしても、改善の難しい場合があります。
また、ホルモン補充療法による副作用に悩まれる方もいらっしゃいます。
中にはホルモン治療ができない方もいらっしゃいます。

そのような時は、ぜひ一度ご相談ください。
漢方薬+養生で改善できることがありますよ。

漢方治療は患者様の現在のお身体の状態の把握からはじまります。

・気が付くと上半身が熱いけど下半身は冷える
・めまいがする
・電車に乗るのがつらい
・顔から汗をかきやすい
・かあ~っと上半身があつくなる
・トイレが近い
・関節がいたい
・夕方台所に立つとクラっとする
・胃がむかむかする
・お腹が張る
など・・・・

上記の症状がおつらく感じる背景には大きく二つの点が関係していると考えられます。。

一つ目は、身体の「元気」の量です。
「元気」の測り方はどうしても主観的なものなので、言葉で表現するのは非常に難しいです。
誤解を招くおそれもありますが、あくまでも一例として参考にして頂けたらと思います。

・だるい、
・寝てもすっきりしない、
・疲れると食べれなくなる、
・食べると胃もたれやムカムカ、張りをおこす
という方は元気を消耗しがちです。

そして、以下の症状を伴う場合が多いです。
・お天気の影響を受けやすい、
・ストレスに弱い、
・環境がかわると体調をくずす、
・季節の変わり目は体調を崩しやすい。

ただでさえ、女性ホルモンの急激な減少でお身体が不安定なのに、さらに不安定さが助長されてしまい、さまざまな「不定愁訴」を生み出します。

二つ目は、血(栄養)の状態と血流です。
私たちの身体は約70%が水です。
そして、年齢を重ねるにつれて体の中の水分量は減っていきます。
そのような中で潤いを与えるのに必要なのが、血(栄養)です。
ただ、血も水分量の減少と共に減っていきます。
血流が良ければ不足分を多少なりとも補えるかもしれませんが、血流が悪ければ、血の働きはますます悪化します。
血の不足や血流の悪さは、更年期障害ででやすい「ほてり」や「冷えのぼせ」の原因になります。

大きくざっくりと2つに分けましたが、この2つは決して単独ではなく、両方にまたがっていらっしゃる方がほとんどです。

おつらい症状を整理して、どこの部分に焦点をあてて改善すれば早くお身体が楽になるか・・・を漢方相談を通して考え、治療方針をたてます。

お悩みの方は、ぜひ一度ご相談くださいね。

現在、ホルモン補充療法をされている方へ
ホルモン補充療法と漢方薬の併用は可能です。
また、ホルモン補充療法による副作用を漢方薬で軽減することもできます。
お気軽にご相談くださいね。

代表的な漢方薬

加味逍遥散
逍遥散
苓桂朮甘湯
連珠飲
当帰芍薬散
桂枝茯苓丸
桃核承気湯
窮帰調血飲
柴胡加竜骨牡蠣湯
桂枝加竜骨牡蛎湯
帰耆建中湯
補中益気湯

関連記事

(ブログ)更年期障害でお悩みの方へ
(症例)50代女性 湿疹 不安感 会社員
(症例)50代女性 更年期 胃の調子が悪い 会社員
(症例)40代女性 だるくて朝起きられない 会社員
(ブログ)「当帰芍薬散」と言ってもいろいろあります。
(ブログ)女性ホルモン(生理・PMS)とお天気
(ブログ)最近の漢方相談を通じて感じること「漢方での改善のプロセス」