不妊症

「赤ちゃんがほしい。」と不妊のご相談を受けます。
雑誌などでも重ねて特集が組まれたりするせいか、漢方薬が不妊に良いという認識を持たれている方が非常に多いです。

西洋医学での治療ではホルモン剤が欠かせません。

漢方薬はホルモン剤ではありません。
でも妊娠する確率を高めることは十分にできていると考えられます。

西洋医学での治療方針は病院によって違いがあることをお客様からも伺います。

ここでは漢方薬での改善方法について書こうと思います。
不妊の原因は男性、女性5分5分と言われています。
ここでは主に女性のことについて書かせていただきます。

漢方薬での改善方法

不妊治療において漢方薬を服用する一番のメリットは
「妊娠しやすい身体を作る=身体の弱い部分をしっかりと立て直す」ということです。
目的は妊娠でも、結果として、心身のバランスが調います。

不妊治療での漢方薬の役割は2つあると考えられます。

<漢方薬は血流を調える>
西洋医学において不妊治療で欠かせないのはホルモン剤です。
漢方薬はホルモン剤ではありません。
でも、お客様のお話を伺っていると、ホルモン剤への身体の反応が良くなったとか子宮内膜が厚くなったというお言葉を頂きます。
ホルモンは血液を介して運ばれます。
「漢方薬が血流を調えることによって、ホルモンが働くべきところでしっかりと役割を果たすことができるようになった」のだと考えられます。

血流を調えるために大切に考えていることがあります。

〇血液を巡らせる力をつける
当帰、センキュウという生薬を中心に血流を促します。
お血(血の滞り)があると考えられる場合は、牡丹皮、桃仁という生薬を使います。
例)当帰芍薬散加減、桂枝茯苓丸加減、窮帰調血飲、温経湯

〇血(血液、栄養)の質と量を調える
血(血液、栄養)の質と量には食事が関係しています。
食事内容が偏っている場合は改善が必要です。また、消化吸収力が弱いのであれば、それを改善する漢方薬を使います。
例)補中益気湯、人参湯、六君子湯

<漢方薬は「余力」を作る>
赤ちゃんができやすい時とはお母さんに「余力」があるときです。

〇いつも何かに追われていたり、過度なストレス、睡眠の質が悪いと、身体は自分のことで精一杯になってしまいます。心身の疲れを改善することで身体の新陳代謝を高めることができます。
例)補中益気湯、四逆散加減、逍遥散、半夏厚朴湯

〇多くの女性は冷えを伴っています。冷えを改善することで身体の新陳代謝を高めることができます。
例)理中湯、双参、鹿参仙

ご相談の中で質問の多いことの一つに「食事」があります。
あの本にはこう書いてあった・・・でもこの本にはこうだし・・・
いろいろな不安や疑問をお持ちです。
お一人お一人、年齢も体格も体質も違います。
そうすると日々の生活の中で気を付けることも違ってきます。
漢方相談を通じて、お身体のことはもちろんのこと、食事や生活のお話などもしながら、赤ちゃんを迎える体つくり、そして子育てを落ち着いて行える体つくりのお手伝いをさせていただきます。