漢方薬

漢方薬の種類

漢方薬には
煎じて飲んだ方が効果が出る物=煎じ薬
生薬を粉砕して飲んだ方が良い物=散剤
丸薬で飲んだ方が良い物=丸剤
があります。

例えば
補中益気湯は末尾が「湯」…生薬を煎じる。
香蘇散は末尾が「散」…生薬を粉砕する。
桂枝茯苓丸は末尾が「丸」…生薬を粉砕してはちみつで練って丸薬にする。

漢方薬局あさでは、漢方薬の効き目を十分に発揮できるように、お一人お一人に合わせたオーダーメイドの処方をご提供します。

煎じ薬
散剤
丸剤

お薬代(税別表記)

ご相談料は頂いておりません。
お薬代は、種類に応じ以下の通りです。それ以上は頂きません。
初回は7~14日分をお出しして、ご様子により微調整させていただきます。
それ以降も体調の変化に合わせて、対応させていただきます。

煎じ薬(自分で煎じるタイプ)
1日分一律 600円 / 30日分 18,000円
お身体に合った生薬のブレンドをご自宅で煎じていただきます。

煎じ薬(レトルトタイプ)
1日分一律 700円 / 30日分 21,000円
当薬局で煎じ代行をさせて頂きます。煎じる手間がなく、毎回同じ品質の漢方薬を飲むことができます。外出先にも持っていくことができます。

散剤、丸剤、エキス剤
1日分 400円 / 30日分 12,000円
生薬を粉砕してお作りする散剤、
生薬を粉砕したものをはちみつで練って丸薬にした丸剤、
生薬を煎じ、賦形剤を加え、加工したエキス剤。
ご旅行や出張の時に持ち運びができて便利です。

効果がしっかり出る煎じ薬

1日1回漢方薬を30分煮だし、それを数回に分けて飲む薬です。

煎じ薬の特徴
・生薬の成分をしっかりと抽出できます。
・煎じるときの香りもアロマテラピー効果があります。
・添加物などが入っていないので、安全です。
・生薬は厳選したものを使用していますので、最も効果を出すことができます。
・そして、何より煎じる時間は自分のカラダを見つめ直すきっかけになります。

生薬原産地
例えば、
当帰は奈良県産
柴胡は三島産
芍薬は奈良県産
桂皮はベトナム産

煎じ薬の作り方

① 生薬を量ります。
② 生薬分包機を使って、1日分づつ分包します。
③ 重さが均一か確認し、封をしてできあがり!

ご家庭での煎じ方

例えば、葛根湯(かっこんとう)の場合。

① 葛根湯の構成生薬である、葛根、桂皮、甘草、芍薬、大棗を量ります。
② 生薬を袋に入れます(お客様にはこの状態でお渡しします)。写真では生姜を添えています。
③ 鍋に生薬と水 600mLを加え、沸騰後30分弱火で煮出します。
④ 30分煮出したら、これを2~3回に分けて飲みます。
⑤ できあがり!煎じの葛根湯は効きます!

煎じレトルトパック

煎じる時間がない方へ、漢方薬局あさでは煎じ代行も可能です。
煎じ薬をレトルトパックでご提供しますので、お客様は開封して、温めて飲むだけです。 こちらで代行することにより、一定の質の煎じ薬をお飲みいただけ、効果が出るように致します。

① 生薬を量ります。
② 煎じ用の袋に入れます。
③ 煎じ抽出機にセットします。沸騰するまで強火で、沸騰したらとろ火で30分。
④ 煎じ抽出機に入れ煮だします。 しっかり管理して行うので、煎じムラの心配はございません。
⑤ 抽出が終わったら、煎じカスをすぐに取り除きます。
⑥ 熱いうちに分包します。そのため衛生的です。
⑦ できあがり!

散剤

散剤は粉砕機を使い、薬局内で生薬を粉砕して作ります。
作るのが困難なものは、昔ながらの製法で作っている漢方薬メーカーの物を使います。

破砕機

丸薬

丸剤は昔ながらの製法に近いかたちで作っている漢方薬メーカーの物を使います。