子宮内膜症

子宮内膜症は月経がある女性の約1割に発症するといわれています。
年代では20~40代に多くみられます。

子宮内膜症の方は「痛い」とおっしゃいます。

月経のときに子宮内膜から分泌される痛みの原因物質(プロスタグランジン)が、子宮内膜症がある場所からも分泌されるため、月経痛が強くなります。

炎症や癒着によって月経時以外にも下腹部痛や腰痛、排便痛、性交痛などがあらわれます。

卵巣チョコレート嚢胞による排卵障害や、卵管の癒着などが不妊の原因になることもあります。

子宮内膜症は良性の病気ですが、月経を重ねるごとに進行し、症状も強くなるため、早めに治療を開始することが大切です。

閉経を迎えると女性ホルモンが減るため、症状は軽減します。

まずは、婦人科で西洋医学の治療方法を聞きましょう。
そして、もし漢方治療に興味のある方は、ぜひご相談くださいね。

漢方薬局あさでできること
漢方治療で改善しやすい症状としては、痛みの緩和です。

痛む時期、痛む場所、痛み方などを詳しくお伺いさせていただきます。
痛みの原因はお一人お一人異なります。

また、現在のお身体の体質、今までの生活スタイルや食生活をお聞かせください。
子宮内膜症や今まで患った病気と深い関係があります。

「こんなこと、大切じゃないよね・・・。」ということが、実はお身体を知るうえでとっても大切なことだったりします。

鎮痛剤が効きづらい
鎮痛剤を飲むと胃が痛くなる
鎮痛剤の服用量が増えた
という方は、ぜひご相談ください。

子宮内膜症の痛みを緩和したい
でも、他にも気になる症状がある・・・
という方、ぜひご相談ください。

症状は違っても、お身体はつながっています。
実は根っこの部分は同じ・・・ということ、ありますよ。

関連記事