投稿: 貧血改善に大切なこと

こんにちは。

世田谷 桜上水 漢方薬局あさの村上千絵です。

今日の桜上水、もっと曇り空の一日になるかと思いましたが、陽ざしが出て嬉しかったです♪

今日は栄養のお話です。

日本女性は貧血率が高いのをご存知ですか。

なんと女性の9割は鉄不足といわれています。

この「鉄」はどこの鉄かというと身体の細胞の中の鉄のことを言っています。

私たちが普段健康診断で測っている鉄は血液(赤血球)中の鉄のことをさします。

でも鉄は赤血球の中だけでなく細胞の中にも存在します。

体内の鉄はどこの鉄が一番はじめに不足すると思いますか。

それは赤血球ではなく身体の細胞なんです。

だから、血液検査で「貧血ありません。」と言われても、身体の細胞の方は貧血のこと、多々あります。

・疲れやすい、だるい

・お肉、お魚が苦手、レバーなんて食べれない

・ほうれん草や小松菜、人参など「色の濃い野菜」はあまり食べない

・ひじき、のり、こんぶ、食べないなあ

・お腹が弱い

・口内炎がよくできる

・生理の量が多い

・生理の周期が短い

上記のうち1つでも当てはまったら、要注意です。

では、鉄不足なら鉄剤を摂ればいい・・・のでしょうか。

鉄剤を飲んで改善されたら良いですよ。

でも、もし改善されなかったら・・・鉄以外のミネラルの不足が考えられます。

鉄は体内で鉄だけで働いているのではありません。

亜鉛や銅、カリウムなどと一緒に働いています。

ミネラルを摂取するときに大切なのはこの「ミネラルバランス」なんです。

そして、できるだけ天然のものを選んでほしいです。

合成されたミネラルは体内で代謝されずに蓄積、または排出されることがあるからです。

排出されるならまだしも蓄積された場合は、特にこれから妊娠を希望される方は気を付けてくださいね。

過剰なミネラルが胎児に影響を与える場合があります。

もし、「私、どうかな・・・」「大丈夫かな・・・」と思ったら、お気軽にご相談くださいね。

良い方法を考えましょう。

今日もお読みいただきありがとうございます。

関連記事
病名解説 生理不順
病名解説 不妊症
病名解説 更年期障害

よくあるご相談 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください

 

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え