頭痛

・鎮痛剤を飲めばおさまるし・・・
・毎日ではないし・・・
・日常生活に支障はないし・・・

それがいつの間にか

・毎日のように鎮痛剤を飲んでる・・・
・体調の良い日がない・・・・

となっていませんか?

西洋医学的頭痛の分類

頭痛は、一次性頭痛と二次性頭痛に大きく分けられます。

一次性頭痛は、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。

<片頭痛>
部位:片側~両側、前頭部~側頭部
痛み:ズキンズキンという拍動性、
キラキラした光が見える、視野の一部が見えにくくなるという前兆が起こることがある
持続時間:数時間~数日、頻度は人により様々、動くと悪化する
随伴症状:吐き気、嘔吐、光や匂いに敏感になる
治療:セロトニン受容体作動薬、鎮痛薬、抗てんかん薬、抗うつ薬など

<緊張型頭痛>
部位:両側、後頭部~首、肩
痛み:鈍い痛みがずっと続く、頭が締め付けられた感じ、頭重感、ヘルメットをかぶった感じ
持続時間:一日中続くが、夕方により強くなる
随伴症状:肩こり、めまい、ふらつき、動悸、全身倦怠感
治療:鎮痛薬、抗うつ薬、ストレッチ、マッサージ

<群発頭痛>
部位:片側の目の奥
痛み:目の奥がえぐられるような激しい痛み、涙、目の充血、鼻水、鼻つまり
持続時間:就寝後1-2時間、決まった時間に一度起きると数週間続く
随伴症状:痛みがひどいため、じっとしていられない
治療:セロトニン受容体作動薬、100%酸素吸入

片頭痛と緊張型頭痛は混在して生じることもあります。

二次性頭痛は、くも膜下出血(最も緊急性のある病気です)などの脳卒中や、脳腫瘍、月経に伴う場合、感冒に伴う場合など多岐にわたります。

またここ数年で知られるようになった頭痛に、薬物乱用性頭痛があります。
鎮痛薬などを過度又は長期間使用することが原因で引き起こされる頭痛です。市販の鎮痛薬でも起きます。
片頭痛の場合はセロトニン受容体作動薬、鎮痛薬の内服過剰により起こりやすいです。
緊張型頭痛では、ロキソニンを、数ヶ月~数年服用することによって起きることが多いです。

漢方薬での改善方法

頭痛はつらいですし、日常生活に支障をきたすこともあります。
はじめは鎮痛剤と併用をしていただきます。
気が付いたら、鎮痛剤を飲まなくても良い日が増えていて、
そのうち鎮痛剤を飲まなくても大丈夫になります。

そして、漢方薬の服用量を減らしていき、
最終的には飲まなくても大丈夫になります。

頭痛でのご相談は多くの場合、他にもおつらい症状を抱えている場合があります。
・天気が悪いと体調が悪い
・めまい、動悸がある
・生理の時体調をくずす
・胃痛がある、お腹の張りがある、食が細い
・下痢しやすい、便秘しやすい
・冷え症である
・疲れやすい

一見関係なさそうな症状、体質が頭痛の原因になっていることもあります。
頭痛が改善されればこれらの症状もなくなります。

漢方薬局あさができること

現在、漢方薬はドラッグストアやクリニックで簡単に購入できるようになりました。
片頭痛というと「呉茱萸湯」をお飲みになった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
漢方薬への関心の高さを感じます。

ドラッグストアやクリニックで漢方薬を飲まれて、改善されましたか。
求めていた結果を実感されたのであれば、それでよかったと思います。

もし、「全く効果がなかった。」「漢方薬は効かない・・・。」と感じ、つらい症状が続き、なんとかしたい。
と思っていらっしゃるのであれば、一度漢方薬局あさにお越しください。

エキス剤の呉茱萸湯では効果を感じなかったけど、煎じ薬の呉茱萸湯では効果があったという方がいらっしゃいます。
原因の一つとして考えられることは製法の違いです。
特に「生姜(ショウキョウ)」。
頭痛にともない、ひどい吐き気がある場合は、ひね生姜が必要なこともあります。

その他、漢方薬は匙加減が大切です。
身体は常に変化します。
それに合わせて必要に応じて、漢方薬局あさは何回でも漢方薬の微調整をさせていただきます。
「買ったけど、身体に合わなくて無駄だった。」ということがないように努めます。
(漢方薬の古典の本や大家の先生方の臨床経験の本には、漢方薬の調合の微調整のことがかかれています。)

代表的な漢方薬

呉茱萸湯
苓桂朮甘湯
茯苓飲
五苓散
葛根湯
釣藤散
加味逍遥散
小建中湯
当帰四逆加呉茱萸生姜湯
当帰芍薬散
桂枝茯苓丸
柴胡桂枝湯

症例

38歳女性 頭痛 会社員

40代女性 頭痛・嘔吐 会社員

もどる