投稿: 頭痛でお悩みの方へ

頭痛

 

漢方薬局あさではどのようなご相談があるかというと・・・

・天気がわかるんです。気圧の変化で頭が痛くなります。

・仕事のない週末になると頭が痛くなるんです。せっかく出かけようと思ったのに。

・生理前、生理中に頭が痛くなります。

・疲れると頭が痛くなります。

・温度差、お部屋と外を行き来すると頭が痛くなります。

・何だか胃がつかえてきて頭が痛くなります。食べ過ぎで頭痛?!

 

そして、さらに、頭痛だけでなく、めまい、吐き気、嘔吐を伴う方もいらっしゃいます。

 

漢方薬局あさでは頭痛をどのくらい改善できるかというと・・・。

 

漢方のご相談を伺っていると、頭痛にもいろいろなレベルがあるように感じます。

・市販の鎮痛剤を1回服用すればおさまる方

・市販の鎮痛剤を定められた一日量を服用し、しかも1~3日継続する方

・頭痛外来で処方された薬が必要な方

 

症状のレベルによって漢方薬の継続期間、改善度合いはかわってきます。

でも少なくても、現在服用されている西洋薬の服用量、服用回数を減らすことは十分に可能です。

 

あとは、漢方治療の特徴として

頭痛が一番つらい症状だったけど、二番目、三番目に気になっていた症状も一緒に改善されてしまった・・・ということがあります。

 

どうしてかというと、頭痛の原因が他の身体の機能と関係していることが多いからです。

 

一番わかりやすいのは、女性でしたら生理の時に生じる頭痛ですね。

生理に関係して生じるホルモンバランスの変化が頭痛を誘発させています。

だから、もしPMSや生理時の腹痛がつらい場合は、頭痛と一緒に改善される可能性が十分にあります。

 

その他には、胃腸の具合と頭痛も関係していることが多いです。

胃のつかえ、胃もたれしやすい、すぐ食べすぎる、逆に少ししか食べられない、便秘
・・・といった症状が日ごろからある場合は、これらの症状も頭痛と一緒に改善される可能性があります。

 

他にも、実は頭痛の原因になっていた・・・という症状はたくさんありますよ。

 

「私の頭痛、漢方治療ではどの程度改善できるのかな。」

「私の頭痛、漢方の指標でみたらどうなんだろう・・・。」

「そもそも漢方薬は飲みやすいのかな・・・、どうやって飲むのかな。」

など、疑問がございましたら、お気軽にご相談、ご連絡くださいね。

 

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。