投稿: 天気が荒れて、胃腸がつかれ、だるさも。

東京は例年に比べ雨の日が多いです。
そして、寒暖差。
低気圧と寒暖差のダブルパンチで、きついですね・・・。

私もちょっとばててます。
寒暖差の方は洋服で調整すれば大丈夫ですが、低気圧・・・というか、湿度。
湿度が高いと、身体が重いし、胃腸の調子が悪くなります。
・食欲が出ない。
・食べても消化が進まない。
・お腹がごろごろする。
・便がすっきりでない。

少しずつ雨の日が増えていき、「梅雨だね・・・」となると、
少しづつ身体も準備ができるので天気に対応ができるのですが、
今年のように、暑かったり寒かったり、そして急に雨が降って一気に気温が上がって、むしむし・・・
というと、なかなか食養生だけでは追い付きません・・・。

そこで、私がしたこと。
身体の中の水はけを良くして胃腸の働きを助ける漢方薬「六君子湯(りっくんしとう)」を飲みました。
いつもより尿がたくさんでて、胃腸の働きが落ち着きました。
しばらく継続して服用しようと思います。

この時期、胃腸の状態が悪くなると、夏が終わるまで続くことがあります。

「最近胃腸が・・・」
「もともと弱いのに、ますます胃腸の調子が悪くなってきた・・・」
あとは、
「体がだるい・・・」
「頭が重い。」
と感じていたら、今のうちに身体の不調を改善しましょう。
夏を元気に過ごせますよ。

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。