投稿: 60代 女性 頭痛 胃腸の調子が悪い 会社員

60代 女性  頭痛 胃腸の調子が悪い 会社員

ここ最近、朝起きると頭が痛いです。
鎮痛剤で収まっていたけど、最近吐くようになりました。

もともと腸が弱く、治療したことがあります。
現在は自分で症状をコントロールできています。
でも、何かあると下痢をしたり、食欲がわかなくなったりして、体重も減少しやすいです。
だから、今回のように吐く症状が出るととても不安になります。

漢方薬で何とかなりませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう少し詳しくお話を伺いました。

頭痛が生じると、寒気を感じたり、寒いのに汗が出てきます。
鎮痛剤を飲むと良い時もあるけど、タイミングが悪いと吐いてしまいます。
吐くときは胃の中が空っぽになるまで吐きます。

吐く症状が出始めてからは食欲がありません。
いつも胃が重く消化力が落ちているように感じます。

便はゆるいですが下痢はしていません。
尿は少し近いかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

漢方で考えると、頭痛と胃腸の働き、嘔吐の症状は関係して生じていることがあります。
この方の場合もそのように考えられます。

生活のリズムの変化もあったそうなので、その時期と季節(もともと体調を崩しやすい時期)などが絡まって、
今回の症状が出てきたと考えられます。

身体の全体的な感じは、
お腹は柔らかく、ちゃぽちゃぽした感じで、
胸から上は、寒気を感じたり、寒気を感じるけど汗が出てきたり・・・という状況です。
冷えのぼせまではいかないけど、そう表現しても良いように感じられます。

まずはお腹のちゃぽちゃぽを改善する漢方薬をお出ししました。
そうすることで、お身体全体の流れ(血液やリンパ液など)を調え、頭痛や吐く症状を改善することをめざしました。
漢方薬を飲み始めてからは、吐く症状はなくなりました。
でも、太りたくてちょっとたくさん食べると胃が重くなり、頭痛が生じます。

胃腸の改善は食べながらの改善になります。
完全に胃腸の働きを止めて、休ませて、改善することはできません。

食べ方も一緒に考えながら、数ヶ月。

少しずつ体重の増加もみられ、廃薬。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

女性の更年期は、一般的には45歳~55歳あたりをさしますが、60歳前後で「まるで更年期障害のような症状の感じがします。」とおっしゃってご来局頂く方がいらっしゃいます。

60歳も女性にとっては大きな節目なのかもしれません。
例えば
・今までと働き方が変わった
・ご家族が家にいるようになった(在宅勤務などで)
・お子様が自立した
など、誰にでも生じる変化ですが、人によっては感じ方が異なります。
そのような変化が、もともとのお身体の弱い部分に何らかの影響を与え症状が出る
のではないでしょうか。

今回の改善のポイントは、食事のとり摂り方が大きかったように感じます。
漢方薬は身体の機能を調える上で大切ですが、いくら漢方薬で調えようとしても、漢方薬の働き以上に食事で不摂生をされてしまっては、漢方薬は効果を発揮できません。
食べられるようになったからといって、食べ過ぎない
体重を増やしたいと思って、もっと食べたいと思っても、食べ過ぎない
その点を守ってくださったから、早くに効果が発揮できたのだと思います。

関連記事
病名解説/症例 胃の不快感

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。