下痢・過敏性腸症候群

ここで取り上げる下痢は食中毒や感染症、食べすぎで生じる急性の下痢は除き、慢性化した下痢についてお話致します。

・人前で話す、大切な試験の前など緊張するとトイレに行きたくなる
・外出するときはトイレの場所を把握してからでないと心配
・下痢と便秘を繰り返す
・子供のころから下痢しやすい
・冷えるとすぐに下痢になる

といった症状のご相談を頂きます。

「過敏性腸症候群と診断された」場合もありますし、そうではないこともあります。
漢方治療においては病名は参考とさせていただき、漢方相談の中でのお客様のおつらい症状、現在の体質、今までの経過を伺い、漢方的視点から改善方法を考えます。

下痢とは

下痢は「便の水分が多い状態」のことをいいます。

腸が健康な状態で排出されるバナナ状の固形便では、水分は70%程度含まれています。
水分が80%以上になると「泥状便(でいじょうべん)」、
90%以上になると「水様便(すいようべん)」となります。
この液状に近い泥状便と水様便を短時間で頻繁に排出する状態を下痢といいます。

 
消化吸収とは

では、私達が食べたものは、体内でどのように消化吸収され、最終的には排出されるのでしょうか。
口から摂取した食べ物は、胃で消化されて、吸収されやすいように細かく分解されます。
分解された食べ物は、小腸を通るときに体に必要な栄養素を吸収します。
その後、大腸で水分を吸収して残ったものが便として排出されます。

では、この消化吸収の流れを、水分の面からみてみます。
私たちは普段、食べ物飲み物から2Lの水分を摂取します。
そして、体内の消化液(唾液や胃液、胆汁、膵液、腸液など)は1日およそ7L分泌されます。
両方合わせると1日に9Lもの水分が腸を通ります。
そのうち99パーセントが腸で吸収され、便の中に混ざるのは残りのわずか1パーセント (100グラム)程度です。
消化管でのこのやり取りのバランスが少し崩れただけで、簡単に下痢になってしまうことがわかると思います。

 
大腸の働き

大腸には「水分を吸収」する働き以外にも、「水分を分泌」したり、腸の内容物を先へ送ったりする「ぜん動運動」の3つの働きがあります。
この3つの働きのバランスが崩れることで下痢を引き起こしやすくなります。

 
西洋医学的下痢の種類

• 浸透圧性下痢→多くが食べすぎ飲み過ぎで生じる一過性の急性の下痢です。
• 分泌性下痢→食中毒や感染症による急性の下痢です。
• ぜん動運動性下痢→今回取り上げる慢性の下痢です。

 
ぜん動運動性下痢+おそらく西洋医学では分類のない下痢

ぜん動運動性下痢は、大腸のぜん動運動の働きが活発になりすぎたため、内容物の水分の吸収が不十分になり生じる下痢です。
その代表的な疾患が過敏性腸症候群です。
検査では異常がみつからないにもかかわらず下痢が続きます。
通勤や通学の途中で電車に乗ったときや人と会う前などに、突然腹痛がしてトイレに行きたくなるというものです。
検査では異常がないので、精神的なものが自律神経を乱すことが原因だろうと考えられています。

おそらく西洋医学では分類のない下痢は、子供のころから下痢しやすい、冷えると下痢する(冬は下痢しやすい)といものです。
これはお腹の慢性的な冷え(漢方では久寒といいます)と考えられます。

 
西洋医学のぜん動運動性下痢の治療

西洋医学では、鎮痛薬、消化器運動機能改善薬、精神安定剤などが処方されることが多いようです。

 
漢方薬での改善方法

過敏性腸症候群やお腹の慢性的な冷えからくる下痢は比較的漢方薬では結果が出やすい症状の一つです。
「下痢の頻度が減った」と一か月以内に実感できる場合がほとんどです。
ですから、西洋薬での改善がなかなか難しい、また、漢方薬のエキス剤などではなかなか結果がでなかったという方はぜひ一度ご相談いただきたいです。

 
漢方薬局あさでできること

ぜん動運動性下痢の場合は自律神経の過敏さが一つの原因になっています。
漢方薬は西洋薬の鎮静剤のような神経伝達に直接働きかけるような薬はありません。
でも過敏性腸症候群の症状を改善できます。
それはなぜでしょうか。
漢方の根源には「患者様のおつらい症状、体質面をみて、不足したものは補い、滞ったものは流す」という考え方があります。
「補い、流す」ことで、結果として自律神経の過敏さが落ち着き、バランスが調うのだと考えられます。
過敏性腸症候群でお悩みの方は、多くの場合、お腹の症状以外にも、不安感、動悸、緊張しやすいなどの症状をお持ちの方がいらっしゃいます。
これらも多くの場合軽減されます。

慢性的なお腹の冷えからくる下痢の場合は、冷えによりお腹の筋肉の働きが低下し、蠕動運動が弱まっていると考えられます。
漢方薬でお腹を温め、お腹の筋肉がしっかりと働けるように調えます。

下痢は漢方薬では結果が出やすいですが、どちらの下痢の場合も、下痢の頻度に合わせて漢方薬の生薬を微調整しながら経過を見させていただく場合が多いです。

 
代表的な漢方薬

桂枝加芍薬湯
甘草瀉心湯
真武湯
柴胡桂枝湯
柴胡桂枝乾姜湯
参苓白朮散

症例

(症例)50代女性 腹痛 慢性下痢 会社員

 
関連記事