鼻炎・花粉症

鼻炎・花粉症

一言で鼻炎と言っても西洋医学的にはいくつかに分類できます。
ここでは以下のものを取り上げたいと思います。

・アレルギー性鼻炎
季節性アレルギー性鼻炎…スギ、ヒノキ、ブタクサなどの植物に身体の免疫が過剰に反応して生じます。
通年性アレルギー性鼻炎…どこにでもあるダニやハウスダスト、ペットの毛などに身体の免疫が過剰に反応して生じます。
(症状)鼻水、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみ、充血、喉のかゆみ、乾燥、皮膚のかゆみ

・血管運動性鼻炎
アレルギー性鼻炎のような、鼻水、くしゃみ、鼻づまりの症状があるが、アレルギー源を特定できない鼻炎です。
室内と外の急激な温度変化やストレス、香り、妊娠などが自律神経の働きに影響を与え、鼻腔内の血管が過剰に反応することで生じると考えられています。

西洋医学での治療

アレルギー性鼻炎の場合は抗ヒスタミン剤、抗コリン薬、血管収縮剤、交感神経興奮薬 などが使用されることが多いようです。
血管運動性鼻炎は抗ヒスタミン薬の内服薬や点鼻薬などを使用されることが多いようです。

漢方薬での治療

漢方薬の治療では鼻炎が生じやすい身体の体質改善をすることができます。
アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎はどちらも、「刺激」に対して体が過敏に反応してしまい、それが継続してしまうことに問題があります。
漢方薬での治療は「刺激」が何であれ、お身体の状態を漢方的な視点から見て改善していきます。

漢方薬局あさでできること

病院で服用中のお薬がある場合は、基本的には西洋薬との併用から始めて頂きます。
次第に西洋薬を減らしていき、漢方薬のみで症状をコントロールできるようになります。
最終的には漢方薬の量も減らしていき、漢方薬がなくても大丈夫な状態になります。

改善までの道筋はお一人お一人かなり違います。
お出しする漢方薬にも大きく分けて2タイプございます。

・おつらい症状の改善に重点を置いた漢方薬
・体質改善に重点を置いた漢方薬

多くの場合は「おつらい症状に重点を置いた漢方薬」を使用することがほとんどです。
しかし場合によっては、例えば、体質的にひどい冷えがあり、そのために免疫機能が過剰になりアレルギー性鼻炎を起こしているのであれば、冷えの体質改善に重点を置く場合もあります。

鼻炎・花粉症の漢方の見立てと漢方薬

そもそも、西洋医学と漢方医学では花粉症に対する考え方が異なります。

西洋医学は「花粉」が原因で「花粉症」になる。
だから、
・花粉をできるだけ排除する
・花粉に対して身体が反応しずらい状態にする
という考えです。

それに対して、漢方医学は、
花粉は、「身体に症状を引き起こすきっかけ」と考えます。
症状が生じる原因は花粉ではなく身体側にあると考えます。

漢方の身体の見立て方には、「氣・血・津液」や「肝・心・脾・肺・腎」など色々とありますが、今回は、「湿・湿熱・滞り・熱・燥・寒」に分けて考えてみたいと思います。

「湿」の症状
・薄い鼻水がたくさん出る
・くしゃみがでる
・涙が出る
代表的な漢方薬として、小青竜湯があります。

「湿熱」の症状
・黄色い粘っこい鼻水
・目やにがでる
・黄色い痰がでる
これらの症状は、症状が「湿」にとどまらず熱を帯びた状態です。
代表的な漢方薬として、越婢加朮湯、辛夷清肺湯があります。

「滞り」の症状
・鼻が詰まって苦しい
これは上記の「湿熱」がさらに進行して生じることがあります。
代表的な漢方薬として、排膿散及湯があります。
ただし原因としてはそれだけでなく、「気の張り」や「緊張」などから生じることもあります。
その時は、身体を緩めるような漢方薬が必要です。

「熱」の症状
・目の充血
・のどの痛み
・鼻血が出やすい
熱感を伴ったり、痛みがある場合もあります。
代表的な漢方薬として、黄連解毒湯、銀翹散があります。

「燥」の症状
・粘膜の乾燥、ヒリヒリ感
・乾燥してかゆい
潤い不足から、乾燥だけでなく、熱感を伴うこともあります。
代表的な漢方薬として、麦門冬湯があります。

「風」の症状
かゆみの症状を漢方では「風」ととらえます。
自然界の風のように、突然始まったり身体のあちらこちらに移動したりするからです。
多くは、上記の「熱」「燥」「湿熱」などと一緒に生じます。
代表的な漢方薬は、「熱」「燥」「湿熱」で使用される漢方薬をベースに、
・赤みが強ければ熱を冷ます
・乾燥が強ければ潤いを与える
・湿が強ければ湿を取り除く
というように漢方薬をプラスすることが多いです。

「寒」の症状
もともと寒がり、冷え症のある場合は、「湿」「湿熱」「燥」の症状を悪化させます。
代表的な漢方薬として、真武湯、麻黄附子細辛湯と言ったものが必要なことがあります。

これはあくまでもざっくりとした分類です。
こじれていない症状であれば、緩和されると思います。

もしなかなか改善しない場合は、漢方治療を専門に行っている医療機関にご相談ください。

漢方薬が合っているか合っていないかは、3日程度飲めばわかると思います。
「何となく良い感じがする」
その感覚が大事です。

代表的な漢方薬

小青龍湯
柴胡桂枝乾姜湯
苓甘姜味辛夏仁湯
越婢加朮湯
人参湯
(薬局製剤に含まれないものも含みます)

取扱い商品