投稿: 「○○○○○という漢方薬ありますか?」のお問い合わせについて

「○○○○○という漢方薬ありますか?」のお問い合わせについて

 

漢方薬局あさをみつけ、お問い合わせいただきありがとうございます。

 

当薬局は、「生理痛だから、○○○の漢方薬」というお薬の出し方をしておりません。

 

・現在のおつらい症状

・現在の体質(冷えの状態、睡眠の状態、食欲はあるか、胃腸の具合はどうか、など)

・現在のお身体の状態に至った経緯を考えるために、今までの生活スタイルや食生活

を伺わせていただきます。

そして、どのような漢方薬を服用したら、現在のおつらい症状が改善できるかを考え、お出しする漢方薬を検討させて頂いております。

 

当薬局は煎じの漢方薬を中心にお作りしております。

煎じ薬を服用することが難しい方には粉薬をご用意しておりますが、漢方薬を作っているメーカーを厳選して選んでおります。

 

例えば、お米も産地や作り手によって全く味や香りなどが異なります。

漢方薬も同じです。

使用している生薬の名前は同じでも、メーカーによって身体に入ったときの体感は全く異なります。

 

ですから、「○○○という漢方薬、ありますか?」のお問い合わせについては、上記の趣旨をぜひご理解頂きたいです。
そして、お近くの方でしたらご来店頂き、まずはぜひお身体の状態をお聞かせ下さい。
また、コロナ感染拡大の中でご来店が難しい場合は、お電話またZOOMによるオンライン相談で、お身体の状態を伺った上で、対応させて頂きたいと考えております。

以前飲んだからまた同じものがほしい・・・
ということがあります。
症状にもよりますが、その場合も一度ご相談いただきたいです。

お身体は刻一刻と変化しています。
例えば痛みをとるケースでは・・・

西洋医学では鎮痛剤を使います。
鎮痛剤の働きは、痛みに関係する神経を直接ブロックすることで、痛みを止めます。

漢方薬の場合は、
・冷やす方法
・温める方法
・血流を改善する方法
など色々な方法があります。
以前は冷やして良くなったけど・・・今回は温めたら改善した。
ということは当然あります。
あとは季節によっても、使用する漢方薬が変わることがございます。

 
なんだかちょっと込み入った話になってしまいましたが、
どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。