投稿: (症例)60代女性 会社員 不安感・自律神経の乱れ

(症例)60代女性 会社員 不安感・自律神経の乱れ

 

数カ月前から、不安を感じます。

原因はわかっています。

自分で折り合いをつけないといけないと思っていますが、上手につけられません。

漢方薬の力を借りて乗り越えたいのですが、なんとかなりませんか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

とてもおつらいご様子でした。

原因がはっきりしている。

折り合いをつけるしかないこともわかっている。

不安な気持ちに伴い、お身体に様々な症状が出てきていました。

・寝汗をかくようになった

・手のひらや足の裏にもしっとりとかくことがある

・口が乾く

・ひどいとのどの奥まで乾燥を感じる

・胃の何とも言えない不快感

 

漢方的に言うと、「氣・血・水」のバランスの乱れが明らかにありました。

このような場合、このバランスの乱れを改善することで、お身体が楽になり、結果として心に余裕ができ、不安感が軽減される可能性があります。

 

漢方薬をお出しいたしました。

 

次にご来店されたとき

「飲んでしばらくすると、身体がほんわかしました。」

「継続したら、少しづつ気持ちが落ち着いてきました。」

「睡眠の質が良くなった感じがします。」

 

現在もご自分の体調に合わせて継続中。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

漢方薬は不眠や鬱、自律神経の乱れの改善などに使うことができます。

でも、効果の出る場合と出にくい場合があります。

 

表現の仕方が難しいですが、

身体に明かな「氣、血、水」のバランスの乱れのある場合は、

その乱れを改善することで、身体の不調が楽になり、

結果として不眠、鬱、自律神経の乱れを改善できます。

でも、そうでない場合は難しいです。

 

漢方薬と西洋薬の違い。

西洋薬は、神経に働きかけ、

神経伝達をブロックして神経を鎮める、

神経に刺激を与えて興奮させる、

ことができます。

漢方薬はこのようなことができません。

あくまでも身体に出てきた不調を調えるだけです。

 

「西洋薬との併用はできますか?」というご質問を受けます。

基本的には問題ありません。

しかし、直接神経に働きかけることのできる西洋薬をお飲みの場合は、

身体に生じる不調が本来の物と異なると考えられるので、

漢方薬の効果を実感しずらいことが考えられます。

 

お一人お一人改善のプロセスは異なります。

現在のお身体の状況の把握が大切です。

 

興味を持たれた方は、まずはお気軽にご相談くださいね。

関連記事
病名解説 自律神経

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。