漢方の煎じ薬の作り方、良いところ

あさコラム/漢方を知ろう/漢方薬/生薬
  1. ホーム
  2. あさコラム
  3. 漢方の煎じ薬の作り方、良いところ

こんにちは。

世田谷 桜上水 漢方薬局あさの村上千絵です。

 

病院でも漢方薬が出されるのに、

「漢方薬局って何?」

「病院で出される漢方薬とどう違うの?」

と、思いますよね。

 

薬を処方するのは医者。

薬剤師で大丈夫?とも、思うかもしれません。

 

薬には「薬局製剤」があります。

症状などを伺い、薬剤師が作って販売して良い薬です。

 

その中に漢方薬があります。

例えば葛根湯。

葛根湯に入っている、葛根、桂皮、甘草、芍薬、大棗を量ります。

そして、袋に入れます。

(お客様にはこの状態でお渡しします。)

生姜はご自宅でお料理に使う生姜を使います。

(生姜を使わない漢方薬もあります。)

鍋に入れます。

水を加え火にかけ30分たつとこんな色になります。

これを1日の中で2~3回に分けて飲みます。

1回に飲む量はこのくらいです。

 

エキス剤(病院などで出される漢方薬)とどう違うの?と思うかもしれません。

 

葛根湯に限らず、すべての漢方薬に言えることがあります。

それは、同じ名前の漢方薬でも、煎じ薬、エキス剤は全く別物ということ。

さらに、一言でエキス剤と言っても、製薬会社によって製法などが違うため、服用したときのお身体の反応は異なります。

 

煎じ薬の良いところは、その方の症状に合わせて生薬を調整することができます。
お腹が弱い方でしたら、胃に刺激のありそうな生薬の量は減らす
お腹が非常に冷えている方でしたら、お腹を温める生薬を増やす
・・・などです。

 

一過性の急性症状の場合でとりあえず早く漢方薬を飲みたい!という時は、手に入りやすいもので対応も必要でしょう。

でも、
・こじれてしまって長引いてしまった風邪
・慢性化してしまった症状を改善する
・お腹が弱い
・つらい症状がたくさんある方
といった場合は、その方に合わせたオーダーメイドの煎じの漢方薬が、より早く改善の実感を得やすいように感じています。

 

煎じるのが面倒くさいと感じるかもしれません。

ぜひ食事の用意をしながら作ってみてください。

タイマーをかけて、横で本を読むのも良いですね。

また、水をセットすればあとはおまかせの「自動煎じ器」も販売されております。

 

自分で作るものには愛着がわきます。

そして、自分の身体のことがより深くわかるようになります。

それは、何よりも改善への近道です。

 

ぜひ一度お試しいただきたいです。

よくあるご相談 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください