投稿: 高血圧…西洋薬と漢方薬の違い

こんにちは。

世田谷区桜上水、漢方薬局あさの村上千絵です。

今日は予報通り、気温がぐんぐん上がっていますね。

水分補給(ミネラルも一緒に)をして、無理のない過ごし方をしてくださいね。

今日は「高血圧」を例に挙げて、西洋薬と漢方薬の違いについて書こうかなと思います。

西洋薬と漢方薬は「薬」という字がつきますが、身体への働き方が違います。

例えば高血圧。

西洋薬の高血圧の薬は直接「血圧を下げる」ことをします。

血圧が平常値になったとしても、薬を飲めば下がります。

時には低血圧になり、めまいを起こしたりすることもあります。

漢方の高血圧でお出しする薬は、血圧を下げ過ぎることはありません。

実は血圧用の漢方薬はありません。でも血圧は下がります。

なぜ血圧があがったのか・・・その原因を考え、原因に対応した漢方薬を出し、結果として血圧が下がります。

・心身の緊張から血圧が上がっているのであれば、心身の緊張をほぐす漢方薬+深呼吸をする、一日20分以上歩くなどの養生

・血液のどろどろが原因であれば、血液をきれいにして循環を改善する漢方薬+血液を汚さない食養生

漢方では、上記のように、その方の心身の状態、生活スタイル、食生活にそった改善方法をします。

症状が出たのには必ず原因があります。

漢方薬はあくまでも症状を改善する「お手伝い」。

一生懸命に体を立て直すお手伝いをする漢方薬+本人の養生

これで体質改善ができ、血圧が下がります。

午後も良い時間をお過ごしくださいね。

よくあるご相談 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 不眠 / むくみ /冷え / 胃痛 / にきび / アレルギー / 生活習慣病

 

 

 

 

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。