投稿: 漢方薬と食事は両輪です。

こんにちは。

世田谷区桜上水、漢方薬局あさの村上千絵です。

最近ご相談を受けていて、栄養素が十分にとれていない、栄養素が吸収されていない(胃腸の調子が悪いために)という方が、見受けられます。

日本人の食事は主食が「お米」です。

昔は白米ではなく、玄米や雑穀の混じったお米を食べていたので、ミネラル、ビタミンが「お米」を食べることで摂取できていました。

でも、現代は「白米」を食べています。

どうしても炭水化物を多く摂取することになります。

そして、意外にお肉やお魚を食べていない方がいらっしゃいます。

「お肉食べると胃にもたれるんです。」

「お肉食べると下痢するんです。」

「お肉嫌いなんです。そうもくさくて。」

そうすると、ますます鉄分や亜鉛が摂取できません。

ミネラルが不足すると、新陳代謝が低下します。

そうして、エネルギーが作られなくなり、疲れやすくなったり、低体温になったり、肌の再生も遅くなりくすんだ顔色になったり・・・という状態になります。

漢方薬は体調を改善するのに大いに役にたちます。

身体の機能を高めてくれます。

でも体の機能を高めるには、そもそも原料(栄養素)が必要です。

漢方薬と食事は切り離して考えることができません。

ぜひ食事を見直してくださいね。

もちろん一人じゃできないよ・・・というときは、お気軽にご相談くださいね。

お読みいただきありがとうございます。

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。