投稿: 漢方の「氣」

こんにちは。

世田谷区桜上水、漢方薬局あさの村上千絵です。

今日は梅雨の晴れ間でホッとしますね。

今日は漢方相談の時にお客様にお話しする「氣、血、水」の「氣」についてお話しようと思います。

漢方では、「氣(き)、血(けつ)、水(すい)」が、十分な量があって、きちんと巡っていれば、健康であると考えます。

では、そもそも「氣」とは何でしょう。

目には見えないけれども存在するものです。

「元気」「気力」「気分」といった言葉の中で「氣」は使われています。

その人の持つエネルギー、力です。

すぐにイメージするのは難しいかもしれません。

では、「氣の量が不足している」=「氣虚(ききょ)」の時に生じやすい症状は

・つかれやすい

・だるい

・根気が続かない

・不眠、途中で間が覚める、夢をよくみる

・冷え

「氣の巡りが滞っている=氣滞(きたい)」の時に生じやすい症状は

・頭痛

・目の疲れ

・動悸

・胸のつかえ

・胃痛

などがあげられます。

症状は人によって生じる原因が違います。また、多くの場合、いろいろと絡み合って生じています。

ですから、これはあくまでも一例として受け止めてくださいね。

日々生活していると、上にあげた症状のいくつかに当てはまると思います。

「氣虚」「氣滞」の症状は、毎日の「元気」「気力」「気分」につながります。

軽いうちは少しの生活の見直しですむかもしれません。

しかし重くなればなるほど改善するために、大がかりになります。

自分はどの程度の氣虚なんだろう、氣滞なんだろう・・・と思ったら、お気軽にご相談くださいね。

お読みいただきありがとうございます。

よくあるご相談 頭痛 / 不眠 / めまい / 胃痛 / 不妊 / 生理不順 / にきび / アレルギー / むくみ

 

 

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。