投稿: 「漢方薬って長く飲んで大丈夫なの?」

こんにちは。

世田谷区桜上水、漢方薬局あさの村上千絵です。

昨日の雨はすごかったですね。大丈夫でしたか?

今日はお客様から良くいただくご質問、

「漢方薬って長く飲んでいて大丈夫なの?」についてお話ししようかなと思います。

漢方薬には2タイプあります。

短期間用と長期間用です。

短期間用は風邪薬などの漢方薬です。

葛根湯は飲んで3日です。三日目以上の風邪は違う漢方薬になります。

長期間用の漢方薬はなんでしょうか。

元気に長生きしたことで有名な徳川家康。

家康は自分の庭で生薬を栽培し「八味地黄丸」という漢方薬を作り飲んでいました。

そう、八味地黄丸は足腰を丈夫にし、年を重ねると減っていく「氣」を補う働きがあります。(「氣」とは元気、気力などの「氣」です。)

中国では今でも、40歳を過ぎたら男性は「八味地黄丸」、女性は「六味地黄丸」を飲む方が多いそうです。

日本と中国は気候が違うので、すべての人がこの漢方薬で良いとは言えません。胃もたれする方がいると思います。

でも、40歳過ぎたら、男性も女性も老化が始まります。

そして、女性は女性ホルモンが急激に減りはじめます。

それは漢方的に言うと「氣」も減っていくことを指します。

「氣」を補い、日々元気に過ごすためのサポート漢方薬、あったらいいですね。

体調に合わせて、一日一回から始められます。

中国では当たり前でも、日本ではない習慣。

もうちょっと詳しく知りたい!というかた、お気軽にお越しくださいね。

そうそう、お子様で風邪ひきやすい、お腹が弱い、便秘しやすい・・・とい場合も、継続してお飲みいただくことで改善できますよ。

午後も元気にお過ごしください。

お読みいただきありがとうございます。

 

よくあるご相談 不妊 / 生理不順 / 頭痛 / めまい / 不眠  / 胃痛 / にきび / アレルギー

 

 

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。