投稿: お子さんに「小建中湯」

こんにちは。

世田谷区桜上水、漢方薬局あさの村上千絵です。

ようやく桜上水も雨がやみました。

今日は子供によく使われる漢方薬「小建中湯(しょうけんちゅうとう)」についてです。

「くすぐったがり屋。体力がない。根気が続かない。

食が細い。便秘または下痢。青白い顔。時には黄色っぽい顔。

へその脇の腹直筋が張っている。」

この中の一つでもあてはまると、この漢方薬があってます。

この漢方薬は6種類の生薬から構成されています。

桂皮…「ケイヒ」シナモンのことです。

甘草…甘味料にも使われますね。

生姜…生薬では「ショウキョウ」と読みますが、ショウガのことです。

芍薬…きれいな花を咲かせる芍薬の根。

大棗…「タイソウ」と読みますが、なつめのことです。

膠飴…「コウイ」といい、もち米から作った飴玉です。

芍薬の根以外は食品ですね。

そしてその食品は体を温めるものばかりです。

そう、この漢方薬を飲むお子さんは「おなかが冷えている」のです。

普段どんなものを食べていますか?

生野菜、小麦からできたパンや麺類、

冷たい飲み物、アイスクリーム、

甘いお菓子(白砂糖が入っているもの)

これらはおなかを冷やします。

食べ続けたら、「小建中湯」が必要な体が出来上がってしまいますよ。

「お米」食べてくださいね。

できたら、白米でなく分つき米。

難しければ、白米に雑穀を入れてください。

食養生はとっても大切です!

今日もお読みいただきありがとうございます。

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え

関連記事

詳しくは病名解説・症例をご覧ください。

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。