アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎はかゆみのある湿疹が慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。
一般的に半年以上続くと慢性と判断されます。
アトピー性皮膚炎では皮膚のバリア機能が弱くなっています。
外界からの刺激に対してアレルギー性の炎症を引き起こしやすくなっています。
さらに、かゆみを感じる神経が皮膚表面にまで伸びてきており、かゆみを感じやすくなって搔いてしまいます。
掻くことによって皮膚のバリア機能が低下するという悪循環に陥ります。

外界からの刺激には
・ダニ、カビ、ホコリ
・ひっかく、こする
・化学物質(石鹸、化粧品、金属、消毒薬)
・汗、皮脂の汚れ、紫外線
などが考えられます。

その他にアトピー性皮膚炎を引き起こす原因として
・もともとの体質(喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどの症状がある、またはご家族にいらっしゃる)
・ストレス、疲労などで免疫が不安定になっている
ことが関係していると考えられています。

まず、日々の生活の中では、
・部屋の掃除
・皮膚を清潔に保つ
・紫外線対策をする
・石鹸や化粧品の見直し
をしてみましょう。

また、皮膚の刺激を受けにくくするために、皮膚をしっかりと保湿しましょう。
漢方薬局あさでは、刺激の少ない保湿に優れた化粧品をおススメしています。

それでもなかなか改善の難しい場合は、ぜひ一度ご相談ください。

漢方的な視点からお身体をみさせていただくことで、改善の糸口のみつかることがあります。

お一人お一人に合わせた漢方薬の調合をさせて頂きます。

関連記事

取扱い商品