投稿: むくみの改善

漢方薬局あさにお越し下さる患者様の多くはむくみの症状をお持ちです。

主訴は他にあるケースがほとんどですが、体質面を伺うと、

「朝起きると顔がむくんでいる。」

「夕方になると足がパンパン。」

などとおっしゃいます。

主訴を改善するうちに治るむくみもありますが、意外と頑固なむくみもあります。

今回は、すっきりしたいと思うむくみについて書いてみました。

よかったら、ご覧ください。

 

むくみ

むくみは、血管からしみ出た体液がうまく循環されずに皮下組織などにたまった状態をさします。
今回取り上げるむくみは、心臓病や腎臓病などの疾患が原因で生じるむくみではなく、
原因が特定できないむくみについてです。

・夕方になると足がパンパンになる。
・夕方になると靴がきつくなる。
・顔がはれぼったい。
・生理前になるとむくみがひどくなる。
・お天気が悪いとよけいにむくむ。

このような症状です。

むくみの原因

人間の身体の70%は水です。
そして、むくみの原因となる組織液は体重の約15%を占めると言われています。
体内で何をしているのかというと、血液の一部となったり、血管から染み出て、酸素や栄養を身体の隅々にまで運ぶ役割をしています。
酸素や栄養は水とともに動脈の中を流れて毛細血管からしみだして体中の細胞に渡されます。
そして今度は老廃物が水とともに静脈側の毛細血管やリンパ管に吸収されます。
こうして私たちの細胞は元気に活動しています。
しかし、血液やリンパ液の流れがよくないと、不要な水分(老廃物)を吸収し運び去ることができなくなります。
これがむくみです。

西洋医学の治療法

むくみの原因となる疾患がない場合は、そのまま様子を見る、あるいは利尿剤を出されることが多いようです。

 

漢方薬局あさでの改善方法

むくみは、血管からしみ出た体液がうまく循環されずに皮下組織などにたまった状態をさします。
ですから、血液循環、体液(ここではリンパ液、組織液などを指します)循環が上手に行えればむくみは改善できます。

方法として3つあげます。

1.むくみの原因として血流の悪いことが考えられる場合は、血液循環を改善します。特に足のむくみがひどい、その他に、便秘、頭痛、肩こり、腰痛、冷えがあればこのタイプが考えられます。

2.むくみの原因として、体液のめぐりの悪いことが考えられる場合は、体液循環を改善します。特に顔がむくみやすい、その他に、天気、気圧の変化で体調が悪くなりやすい、尿量が少ない、胃腸が弱いという方はこのタイプが考えられます。

3.むくみの改善は、ただ漢方薬を服用すれば良いというものではありません。
血液循環にしろ、体液循環にしろ、結局は循環が悪いということです。
最終的に漢方薬の手助けなしを目指すには循環を自力でできるようにならなければいけません。
そのためには筋肉をつけることが必要です。
筋肉はポンプの役割を果たしむくみを改善します。
漢方薬局あさでは、漢方薬+筋トレで改善を目指します。

 

最後にもう一つ。

ますます暑くなるこれからの季節。

むくみやすい方へ大切な養生がありますよ。

何度も申し上げているのでいい加減にして!と言われそうですが・・・

冷たい飲み物、食べ物はひかえましょう!

 

私たちの体温は36度台です。胃は38度と言われています。

でも冷たい飲み物は、冷蔵庫から出したものなら5度。

5度の飲み物が一気に胃に入ったらどうなりますか?

 

私たちが突然氷をお腹に当てられたら・・・びっくり。

あわてて氷を外しますよね。

身体の中の胃はにげることができず、冷えます。

 

胃は袋状になっていて、伸びたり縮んだりして消化をします。

それは平滑筋という筋肉の働きです。

胃が冷えるとは、この筋肉が冷やされることです。

冷えて胃の働きが悪くなり、消化吸収力が低下し、夏バテになります。

もちろん循環力も低下し、むくみの原因になります。

 

だから、冷たい飲み物、食べ物はひかえましょう。

もちろん、炎天下歩き回って身体がほてって、汗かいて、でも冷房の効いた部屋に入れない・・・という時は冷たい飲み物を飲んでくださいね。

でも、その時も一気にではなく、ゆっくりと噛むように飲みましょう。

そして、身体が冷めてくるのをしっかりと実感し、適量で止めましょう。

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。