投稿: 私が漢方の道に進んだきっかけ

こんにちは。

桜上水、漢方薬局あさの村上千絵です。

昨日はお休みをいただきありがとうございました。

昨日までは寒かったですが、今日は日差しがあり、気温が上がってきましたね。

ゴールデンウィークらしい日和になり、ホッとしますね。

今日は、私がなぜ漢方に興味を持ったのかをお伝えしようかな、と思います。

私は20歳ころから毎月激しい頭痛がおこるようになり、それに伴い吐き、寝込むようになりました。この症状は1日で回復するときもあれば、3日ほどかかることもありました。いつも、「友達との約束の日にそうなったらどうしよう。」「学校の試験と重なったらどうしよう。」など、不安を抱えながら生活をしてました。

頭痛がきっかけだから早めに鎮痛剤を飲めば良いかというとタイミングが難しく、合わないと逆に吐き気を催し悪化しました。

私が薬学部の学生の時はまだ漢方は必修科目ではなく、実は漢方薬局の存在すら知りませんでした。就職活動を始めたときにその存在を知り、本屋さんで漢方の本を購入しました。その時に出会った「体質改善」という言葉。

私も「体質改善すれば、この頭痛、吐く、寝込む…が改善するかもしれない。」と思い、学んだこともない漢方に惹かれ、漢方薬局への就職を決めました。

就職して、やはり頭痛は生じました。

先輩薬剤師さんに色々と相談し、私は漢方的に言うと、「血虚、水毒、お血」が入り混じった状態ということがわかりました。「当帰芍薬散料合六君子湯」を飲むように勧められました。

自分で煎じ薬を作り、家に持って帰り煎じました。はじめは香りに驚きました。でも、いやな香りではなくホッと感じたのを覚えています。

そして煎じ薬の色は茶色く、食物繊維が入り混じり濁りがありました。

一口飲むと、今まで経験のない味だったのでびっくりしました。しかし、ほんのり甘く、十分継続できる味でした。飲み続けるうちに、愛着すら感じるようになりました。

この漢方薬は三年飲みました。飲みたかったから飲み続けた…とういう方がいいかもしれません。体が欲していました。途中違う漢方薬に変えたこともありましたが、基本はこの漢方薬でした。

飲み始めて半年たったころから頭痛がおこらない月も出てきました。吐かなくて済む月も出てきました。それだけでなく、夏はいつも食欲がなくなり下痢することもありましたが、それが全くなくなりました。

頭痛がおこりやすいという性質は今もあると思います。

疲れたり、自分の許容量以上のことをすると「頭痛がおきそうだな…。」とわかります。

漢方との出会いで一番良かったことは、悪化する前に頭痛を防げるようになったということだと思います。

頭痛は私にとって、「体からのサイン」=「頑張りすぎているよ」「ちょっと休んだら」「やり方を変えてみたら」ということなんです。

サインが来たら、「今日は早く寝よう。」「かなりいっぱいいっぱいだから、この漢方薬を飲んでおこうかな。」など、自分で対処方法を得られたことは、私の人生に余裕を持たせてくれました。

しかも、漢方薬は無理やり症状を抑え込むのではなく、体のバランスを整えてくれるものだから、合っているものであれば副作用の心配はありません。

「自分の心身を知り、対処法を得る。」

私は、特に女性ホルモンの影響を常に受けている女性には身につけてもらいたい。そのように、考えております。

お読みいただき、ありがとうございます。

関連記事

詳しくは病名解説・症例をご覧ください。

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。