投稿: (症例)20代女性 アトピー性皮膚炎 会社員

20代女性 アトピー性皮膚炎 会社員

小さいころからアトピー体質です。
良くなったり悪くなったりを繰り返しています。
ずっと調子が良かったのですが、引っ越しをして、転職もして・・・。
そうしたら、また症状が出てきてしまいました。
何とかなりませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回悪化した原因は引っ越しや転職がきっかけとのこと。
今まではどんな時に悪化したかを伺いました。
また、春、梅雨、夏、秋、冬・・・一年の中でどの時期に悪化しやすいか、また比較的よい季節はいつなのかも伺いました。

最も悪化しやすいのは、じめじめした梅雨時期。
そして、夏になってしまうと比較的安定し、また秋以降乾燥してくると、悪化しやすいということでした。
実はこの状態は、最も改善が難しいです。
乾燥とジュクジュク。そして、かゆみ。

表面は乾燥しやすい=血虚
でも、皮膚の裏側は、ジュクジュクの状態=津液の偏在
そして、かゆみ=炎症=熱

血虚、津液の偏在、熱。

そうなると、地道にやっていくしかありません。
・乾燥がひどい=血虚=潤いを与える生薬
・ジュクジュクしている=津液の偏在=津液の巡りを調える生薬
・かゆみがひどい=炎症=熱=炎症を冷ます生薬
これらのバランスを、経過を見ながら組み立てていきます。

方向性が見えてくるまでは、7~14日に1回のペースでお越しいただきました。
その後はご都合に合わせて、14~21日ペースでご来局。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アトピー性皮膚炎の改善。
正直100%完全に治すことは難しいと考えております。
上記のお客様のように、症状は四季に左右されます。
でも、ゆらぎにくい皮膚にしていくことはできます。

四季を通じて肌がどのように変化していくのかを観察しながら、漢方薬の内容を調整して改善へと導きます。

今の時期は乾燥でおつらいですね。
保湿剤で間に合えばよいですが、つらい・・・という方、
ぜひ、お気軽にご相談くださいね。

関連記事
病名解説/症例 アトピー性皮膚炎

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。