当帰芍薬散の服用期間

あさコラム/漢方処方について
  1. ホーム
  2. あさコラム
  3. 当帰芍薬散の服用期間

「当帰芍薬散、どれくらい飲めば良いの?」

と聞かれることがあります。

 

漢方薬の飲み方には、短期集中と長期服用の2タイプがあります。

 

当帰芍薬散は時と場合によって、短期間で効果を出す場合と長期間じっくり飲む場合があります。

 

例えば、

「むくみが出てきたな・・・」と思って一包飲んで、むくみを解消

「冷えてきたなあ・・・」と思って一包飲んで、冷えを解消

「頭痛がきたあ・・・」と思って一包飲んで、頭痛を解消

という飲み方ができます。

 

でも、頑固なむくみだったり、頑固な冷え、頭痛の重さによっては、

「一包飲んで解消」とならない場合もあります。

そのような場合はある程度の期間、継続が必要になります。

改善への道筋はお一人お一人異なります。

 

何かを改善しようとして当帰芍薬散を飲むとき、ぜひ感じて頂きたいことがあります。

・続けることができる味かな。

・14日~30日の間で、ちょっとしたことでも良いから、身体に何か変化があったかな。

そして、ぜひそれを漢方薬を出してくれた医療機関でお話ください。

 

そうしたら、

・本当に当帰芍薬散の効果が出ているのか

・どれくらいの期間飲んだら良いか

を教えてくれると思います。

 

あとは、当帰芍薬散には色々な剤形があります。

・煎じ薬

・生薬を粉砕した原末

・エキス剤

薬のタイプによっても、感じ方は全く異なります。

 

ぜひ、納得のいく飲み方をしてくださいね。

関連ブログ 当帰芍薬散という漢方薬