投稿: 当帰芍薬散の服用期間

「当帰芍薬散、どれくらい飲めば良いの?」

と聞かれることがあります。

 

漢方薬の飲み方には、短期集中と長期服用の2タイプがあります。

 

当帰芍薬散は時と場合によって、短期間で効果を出す場合と長期間じっくり飲む場合があります。

 

例えば、

「むくみが出てきたな・・・」と思って一包飲んで、むくみを解消

「冷えてきたなあ・・・」と思って一包飲んで、冷えを解消

「頭痛がきたあ・・・」と思って一包飲んで、頭痛を解消

という飲み方ができます。

 

でも、頑固なむくみだったり、頑固な冷え、頭痛の重さによっては、

「一包飲んで解消」とならない場合もあります。

そのような場合はある程度の期間、継続が必要になります。

改善への道筋はお一人お一人異なります。

 

何かを改善しようとして当帰芍薬散を飲むとき、ぜひ感じて頂きたいことがあります。

・続けることができる味かな。

・14日~30日の間で、ちょっとしたことでも良いから、身体に何か変化があったかな。

そして、ぜひそれを漢方薬を出してくれた医療機関でお話ください。

 

そうしたら、

・本当に当帰芍薬散の効果が出ているのか

・どれくらいの期間飲んだら良いか

を教えてくれると思います。

 

あとは、当帰芍薬散には色々な剤形があります。

・煎じ薬

・生薬を粉砕した原末

・エキス剤

薬のタイプによっても、感じ方は全く異なります。

 

ぜひ、納得のいく飲み方をしてくださいね。

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。