投稿: 30代、40代、不妊と漢方

こんにちは。

世田谷 桜上水 漢方薬局あさの村上千絵です。

「赤ちゃんがほしい。」と不妊のご相談を受けます。

雑誌などでも重ねて特集が組まれたりするせいか、漢方薬が不妊に良いという認識を持たれている方が非常に多いです。

西洋医学での治療ではホルモン剤が欠かせません。

漢方薬はホルモン剤ではありません。

でも妊娠する確率を高めることは十分にできていると考えられます。

漢方薬の働きはなんなのでしょうか。

一つは「血流を調えること」だと考えられます。

・女性ホルモンを働くべきところにしっかりと運ぶ力をつけます。

・血液の量と質を高めます。

もう一つは「心身を強くすること」だと考えられます。

・妊娠したいのになかなかできない・・・それはものすごいストレス、我慢です。ストレスや我慢で消耗してしまっている心身を調え元気にします。

・多くの女性は冷えを伴っています。冷えを改善することで身体の新陳代謝を高めることができます。

 

漢方薬局あさは開局してまだ日が浅いですが、すでに妊娠されている方がいらっしゃいます。

ご来局されないからどうしたのかな・・・と思っていた方からもご連絡いただき、お腹も出てきているということがわかったりしています。

 

ご相談の中で心配されていることの一つに「食事」があります。

あの本にはこう書いてあった・・・でもこの本にはこうだし・・・

いろいろな不安や疑問をお持ちです。

お一人お一人、年齢も体格も体質も違います。

そうすると日々の生活の中で気を付けることも違ってきます。

漢方相談を通じて、お身体のことはもちろんのこと、食事や生活のお話などもしながら、赤ちゃんが来てくれる体つくり、そして子育てを落ち着いて行える体つくりのお手伝いをさせていただけたら嬉しいです。

 

関連記事
病名解説 生理不順
病名解説 不妊症

よくあるご相談 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください

 

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。