投稿: 漢方の風邪薬の飲み方

こんにちは。

世田谷区桜上水、漢方薬局あさの村上千絵です。

涼しい日が続いていて、風邪をひいていませんか。

今日は漢方の風邪薬の飲み方についてお話したいと思います。

まず、風邪をひいたときの様子を振り返りたいと思います

風邪をひくと、ぞくぞくしますね。

なぜかというと、体を震わせて熱を上げ、ウイルスと戦う準備をはじめるのです。

必要なだけ体温が上がるととまります。

そして、ウイルスをやっつけたら、今度は熱を下げるために発汗します。

これが風邪の流れです。

では、漢方の風邪薬は、どんな働きがあるのでしょうか。

まず、西洋薬のような解熱作用はありません。

あるのは、生体反応を助ける働きです。

ウイルスをやっつけるために熱を上げるお手伝いをして、

ウイルスをやっつけたら、発汗を促すお手伝いをしてくれます。

私たちの身体に備わっている働きを助けるだけなので、全く体に余計な負担がかかりません。

だから、こじらせることなくすっきり改善します。

私たちが注意することは、漢方薬の飲み方、そして養生法です。

身体はウイルスをやっつけるために熱を上げるのですから、漢方薬も冷たい水ではなく、人肌くらいのお湯で飲みましょう。

そして、服装も体温を上げやすいように普段より一枚多く着ましょう。

風邪をひいているときは、体がウイルスと戦いやすいように、消化の良いもの・・・おかゆや梅干しなどを食べるようにしましょう。

脂っこいもの、刺激物、冷たい飲み物などは避けてくださいね。

風邪の初期、3日間同じ漢方薬を服用しても改善しない場合は、病院に行く、または漢方薬局にご相談くださいね。

漢方薬を替えた方が良いかもしれません。

体調を崩しやすい時期です。

お身体大切にお過ごしくださいね。

いつもお読みいただきありがとうございます。

よくあるご相談 不妊 / 生理不順 / むくみ / 疲労 / めまい / 頭痛 / 不眠 / 胃痛 / アレルギー / にきび

 

世田谷 桜上水
漢方薬局あさ
村上千絵

よくあるご相談 生理痛 / 生理不順 / 不妊 / 頭痛 / めまい / 自律神経 / 下痢・過敏性腸症候群 / 冷え
詳しくは病名解説・症例をご覧ください。